素性構造型対応AZ-Prolog Ver.9をリリース致しました。ぜひ一度おためしください。 x

2015/05/26 Update

改修内容

1) Eclipse AZDT Ver2.1対応(主にEclipse各View上での改行コードを含むアトムの表示に起因する不具合)
  1-1) デバッガIコマンドDコマンドの出力でアトムに含まれる改行コードを "(\n)"に置き換えて表示するように変更
1-2) 異なる文字コードファイルでの改行コード取扱い不具合を改修
1-3) leash3/1 追加 (トレース中の表示形式の変更)
    1-3-1) デバッガIコマンドの変数出力対象変更モードスイッチ
            下位第1bitONで、Iコマンドの出力対象変数を該当節の全変数とする
            下位第1bitOFFで、Iコマンドの出力対象変数を[束縛または制約されている変数のみ]とする
    1-3-2) 改行コードを含むアトムの表示変更モードスイッチ
            下位第2bitONで、トレース中の出力でアトムに含まれる改行コードを "(\n)"に置き換えて表示
            下位第2bitOFFで上記の制御を行わない
2) read系(read,consult,term_atom,name)での整数入力で整数範囲を超えた場合にエラーとするように変更
 

整数の範囲
32bitOS  -2147483648~2147483647
64bitOS  -9223372036854775808~9223372036854775807

  <Win32bitOSでの例>

Ver 8.21まで
| ?-read(X).
|: -9223372036854775809.
X       = 9223372036854775807
yes
  %%%
Ver.822
| ?-read(X).
|:  -9223372036854775809.
Illegal argument supplied        ---- Backtrace
read(X_4) ?-
3) atom_concat の仕様をISO対応に変更
 
Ver.821まで
| ?-atom_concat(A,'ban','3ban').
      A = 3
  %%%
Ver.822
| ?-atom_concat(A,'ban','3ban').
      A = '3'