素性構造型対応AZ-Prolog Ver.9をリリース致しました。ぜひ一度おためしください。 x

インストールと環境設定

このページでは、AZ-Prolog Version9 for Windowsのインストール方法とCコンパイラ(Visual Studio)のインストール・設定方法を説明いたします。
Linux版についてはユーザマニュアル(2-2-1.インストール)を参照

※下記は、windows8でのインストール例になります。
1.AZ-Prolog Version9 for Windowsのインストール

【STEP1】

AZ-Prolog製品サイト(http://az-prolog.com/)内のダウンロードページより、インストールするマシンのOSに対応する版をダウンロードします。(32ビットOSには、AZ-Prolog32ビット版を、64ビットOSにはAZ-Prolog64ビット版をダウンロード)

【STEP2】

ファイルを任意の場所に保存します。

【STEP3】

保存したファイルをダブルクリックで開くとインストールを開始します。(もしくは、ファイルを右クリックして「インストール」を選んでもインストールが開始します。)以降はインストーラの指示に従って操作してください。

azprolog-v9-install-001
azprolog-v9-install-002

azprolog-v9-install-003

azprolog-v9-install-004
「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」とダイアログがでたら、「はい」をクリックします。

azprolog-v9-install-005

【STEP4】

インストールが完了するとスタート画面にAZ-Prologとマニュアルが登録され、ここから開くことができます。azprolog-v9-install-006

※古いバージョンはこの画面からアンインストールすることができます。

× 閉じる
2.Visual Studio Expressのインストール


AZ-Prologのフルコンパイラ(C言語ソース出力)を使う場合、「Microsoft Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop」のインストールが必要です。 Microsoft Visual Studioのダウンロードサイトから無償でダウンロードできますので、以下の手順に従って設定してください。
※Microsoft Visual Studio Express 2015の場合、一部機能に不具合が生じる可能性があります。

 

【STEP1】

Microsoftダウンロードセンターの「Microsoft Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop Update 4」ダウンロードページへアクセスします。

【ダウンロードサイトURL】https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=44914


【STEP2】

「言語を選択」のリストボックスから「日本語」を選択して、「ダウンロード」をクリックします。

vs2013forwin_gamen01

「wdexpress_full.exe」にチェックを入れ「次へ」をクリックし、ファイルをダウンロードします。
sentaku01

 

【STEP3】

ダウンロードされた対象ファイルをダブルクリックします。
VisualStudio002

 

【STEP4】

インストール画面が立ち上がるので、「ライセンス条項およびプライバシーポリシーに同意します。」にチェックし「インストール」をクリックしてください。

visualstudio003

 

【STEP5】

インストールが正常に完了したら、一旦閉じてください。

VisualStudio004

 

【STEP6】

インストール完了後、Visual Studioのコマンドプロンプトをデスクトップにコピーしておくと便利です。Windowsスタート画面 ⇒ アプリ ⇒ Visual Studio 2013 ⇒ Visual Studio ツールを開き、64ビット版の場合は「VS2013 x64 Cross Tools コマンド プロンプト」、32ビット版の場合は「VS2013 x86 Cross Tools コマンド プロンプト」を右クリック ⇒ 送る ⇒ デスクトップ(ショートカットの作成)をクリックすると、デスクトップにショートカットが作成されます。

VisualStudio005

VisualStudio006

2016.11.11 update

× 閉じる
3.MeCab、CaboChaのインストール

AZ-Prologは日本語形態素解析エンジン「MeCab」と、日本語係り受け解析器「CaboCha」のインターフェースを拡張機能として提供しています。
この機能を使うためには「MeCab」及び「CaboCha」のインストールが必要です。
2014年3月現在、OSによって提供範囲が次のようになっています。

 Windows 32bitWindows 64bitLinux 32bitLinux 64bit
MeCab
CaboCha×××

1)MeCabインストール

日本語形態素解析エンジン「MeCab」のダウンロードサイトはここです。
2013年12月現在、AZ-Prolog Version7はmecab-0.996.exe版を使って動作確認をおこないました。
インストーラーの指示に従ってインストールしてください。

mecab01

mecab02

mecab03

mecab04

mecab05

mecab06

mecab07

mecab09

mecab10

mecab11

mecab12

2)CaboChaインストール(Windows 32bitのみ)

日本語係り受け解析器「CaboCha」のダウンロードサイトはここです。
2014年3月現在、AZ-Prolog Version7はcabocha-0.66.exe版を使って動作確認をおこないました。
インストーラーの指示に従ってインストールしてください。
※ 最新版ではございませんので注意してダウンロード、インストールをしてください。

cabocha02

cabocha03

cabocha04

cabocha05

cabocha06

3)MeCab、CaboChaインストール後の設定作業

環境変数PATHに「MeCab」と「CaboCha」のインストール先「binディレクトリ」を両方とも追加してください。
なお標準インストールされた場合、以下の場所となっております。

対応OSMeCabCaboCha
32ビットOSC:\Program Files\MeCab\binC:\Program Files\CaboCha\bin
64ビットOSC:\Program Files (x86)\MeCab\binC:\Program Files (x86)\CaboCha\bin

環境変数の追加方法については、「1.インストールする前に」の
(2)評価版(Version6)または旧版(Version5以前)をインストールされたことがある場合をご参照してください。
また、Windows64bitの場合のみ、AZ-Prologパッケージで提供している64bit用dllとlibをMeCabインストール先にコピーが必要となります。
「%AZ-Prolog%\macab64」にコピーバッチ”install.bat”がありますので、同ファイルをテキストエディタで開き、インストール先を確認の上、必要であれば書き換えてください。
コマンドプロンプトを「管理者として実行」で開き、コピーバッチ先のディレクトリへ移動の上実行してください。

cabocha07

cabocha08

4)設定が完了したら、Prologインタプリタを開いてテストしてみましょう。

cabocha09
cabocha10

× 閉じる